森 恒二サイン本

森 恒二サイン本

森 恒二サイン本

森 恒二サイン本
入手時期 2009 年 9 月 22 日
入手経緯 リブロ池袋本店のサイン会
サイン本 森 恒二「自殺島」第 1 巻
イラスト セイ

リブロ池袋本店のサイン会 & トークショー告知を見て、森 恒二「自殺島」第 1 巻購入 & 整理券入手しました。

トークショーは、ゲストに名越 康文を迎えて西武池袋本店別館 8 F で行われました。

トークショーの内容を以下にまとめます(敬称略)。

  • 小さい頃から体が大きかったので(「ホーリーランド」第 18 巻によると、現在は身長 185 cm/体重 85 〜 95 kg)、親にスポーツの英才教育を受けた(森)
  • 高校生のとき、同級生が自殺した(森)
    • 葬儀の後、彼の部屋を見せてもらったが、本や CD がたくさんあって自分より恵まれていた
  • マンガ家になる前は、広告の仕事をしていた(森)
    • バブルの頃なので(1966 年 11 月 28 日生)、羽振りの良い生活をしていた
  • 広告の仕事を辞めて漫画を描くようになり、収入がなくなり食べるにも困っていたが楽しかった(森)
    • 世間で幸せとされることに、あまり価値を見出せない
  • テレビ CM には綺麗な女性が溢れていて、「こういう女性と親しくなれ」と押付けられている気がする(森)
  • 三浦 建太郎(高校時代の同級生であり、白泉社「ヤングアニマル」の連載仲間)にファミレスで久し振りに会ったら痩せていたので、たくさん食べさせたら救急車で運ばれた(森)
    • 三浦は救急車に乗せられながら、「ごめんな」と力なく笑っていた
  • 「自殺島」の舞台の島が気になる(名越)
    • 連載前に、形状・気候・生息している動植物・どこに何があるかなど細部まで設定してある(森)